■C-77
ささげても終わりのない無意識なら、一秒の距離に私の2グラムをささげる

この部屋に漂うチリに宇宙を想う、地球の軽さを、命という重さを、私という無意味の意味を想う

<<list
<<back 
next>>