■C-60
この作品の原画は、黒バックに右下に別の花があり、全く対照的な雰囲気の作品ですが、私の中ではこれもありで、無節操なようですが一個人の創作の幅というのは限定されていますから、基本的にはそうそう無節操に変化できるものではないと思っていますので、あまり気にせず無節操にやれればと少々消極的な考えを持っています。
<<listへ
<<back next>>