■C-6
この作品は装丁でも使用され、私自身好きな作品の1つです。右のグレーの人物のシルエットは、制作途中偶然に出来たもので、足元のかかとあたりの偶然の微妙なフォルムが気に入ってます。
<<listへ
<<back next>>